底辺の見方、上からの見方

日本社会の底辺層のモノの見方、ちょっと上の層のモノの見方のお勉強

NHKのバリバラが障害者✕感動という単純図式化に疑問を投げかけた件

まず、NTVの24時間テレビが障害者に何かを頑張らせる企画ばかりになったのはそれを視聴者が求めているからだ。社会に広く受け入れられているから、スポンサーも付く。つまり、日本社会が差別社会であり、同局は儲ける為にそれに応じているだけでもある。そ…

為末大氏のオリンピックのメダルに対してのツイートが話題になっていたので

話題になっていたのが以下の内容。 <---ここから---> 税金を投入したのにメダルが取れなかったという議論の恐ろしいところは、税金が使われていない人間などいないわけだから、すべての人が税金を使われただけに見合うリターンを国家にもたらしているのかと…

フランスのトラック突っ込み事件での各国のテロ対策発言について

80人以上が亡くなったフランスの最悪の事件。その後、各国がテロへの対策を強化する、的な発言をしていたのでそれにかなり違和感をもった。 犯人は直前まで宗教色もなく、金も無くなり、妻にも離婚されて酒におぼれて自暴自棄になっていた、との話がある中、…

ドラマ「ラストキス」の永尾まりやとマスカットナイト

最後に必ずキスをするドキュメンタリータッチのドラマ(雰囲気的にはテラスハウス的な感じ)があり、それにAKBを卒業したての永尾まりやが出演していた。AKBGのDDである私からするととても違和感があって見ていられなかった。完全なドラマならなんともない。…

日本の少子化について(全体概要)

私は団塊ジュニアの世代であり、ベビーブーム世代だ。バブルを知らない、ずっと競争。会社ではバブルを経験して仕事をしない(出来ない)人達の尻ぬぐい。そんな私でも中学生の時の授業で鮮明に覚えているのは少子高齢化社会が将来に訪れるという事。そして…

舛添氏へのマスメディアの異常な叩き方と庶民の反応のヤバさ

ちょうど体調を崩して休んでいたので、普段あまり見ないテレビを付けたら舛添氏の連日の報道が流れていて、それでかなり昔、麻生太郎氏が総理になった時、マスメディアが連日のように叩き、ついには言葉の間違いまで取り上げて吊し上げ、それを「総理の資格…

若者、学生の自殺についてのマスメディアやネット民達の無責任な風潮について

この頃東京では電車の人身事故遅延がやたらと多い。SNSのお陰で今まで以上に情報が入ってくるだけで実は特に自殺者が増大したわけでもなく、昔から常に自殺者は多かったのかしれない。 私はテレビのコメンテーター制度には反対派であって、公共の電波でただ…

指原莉乃の「お客さんのやさしさに涙が出た」、というお話

先日、トーク番組で指原莉乃がブスかどうか、という議論をするコーナーで、指原莉乃がいつものようにブスいじりをされている最中に突然泣き出してしまった。今まで散々ブスいじりをされてきた彼女がなぜこのタイミングで?と思ったが、その後の説明で納得し…

平子理沙さんのブログ炎上犯人のお話で

lineblog.me 簡単に言えばたった6人ほどの仕業だった、というお話。 私からするとまったく不思議な事はなくてそうだろうなぁ、としか思わないし、なおかつ、この現状は法律が出来ようが変わらないと断言出来る。 というのも、反社会的行動を取る人間は必ず…

幸せではない底辺層中年こそ、閃光少女のPVを見るべき

東京事変に「閃光少女」という曲があって、これはCDではなくDVD映像のみでリリースされた。それが最近映画「ちはやふる」関係のアルバムに収録されていた事で久しぶりに映像を見なおしてみた。オンタイムで見た時の感動はそのままだった。問題は何に感動した…

これが本当の中年の底辺生活なのね。

結婚も出来ない(もしくは子持ち)、貯金も無い中年関係の話がネットに出ると ・自分は◯◯円/月で生活出来ているから貯金が出来ないなんて信じられない ・余暇なんかに金使うからだ ・エンゲル係数高すぎる など批判的なコメントが多い。果たして実際はどんな…

過去にAAとACAに行った時のお話。

アメリカ映画好きであれば見たことがあるだろう、問題を抱えているメンバーが集まって自らの経験を語る事で立ち治ろうとするグループセラピーがある。当時自分がアル中になっている、と自覚した私は何度も躊躇したあげく、勇気を振り絞ってAAの集会に行って…

TVタックル「ひきこもり特集」がちょっとした炎上問題になっていたので

手法が問題になっている、という事で。ついでに厚生労働省のガイドラインも見てみた。残念ながら、どちらも何もかも的外れというしかない。 心のケアとか、発達障害とか。引きこもっている人自身の問題と家族の話ばかりなのね、大体。そんな事じゃないのよ、…

ブラックバイトも非正規雇用の問題も存在しない。あるのは日本社会の問題だけ。

正社員、非正規社員、バイト。これらは業務内容と責任に差があるだけでなく、月給制と時給制という差もある。そしてアルバイトとは一番何も守られていない立場であるから、時間で給与を発生させているという概念はとても大事。本来それらをしっかり守ってい…

秋元康の歌詞はファンの年齢と共に進化している

AKBが一般的に大ブレークのきっかけとなったのが、「RIVER」という曲だ。当時まだ秋葉原のミニスカ軍団と呼ばれることもあったAKBと48が井上ヨシマサのアイドルらしかぬ曲調にのせて歌った歌詞が「川を渡れ!You Can Do It!」だった。ITバブルも終わり、…

広島中3生徒が万引き誤認で自殺した件での世間の反応の違和感

この件は学校側の記録ミスと教諭のずさんな指導ばかり取り出されているが、その背景には触法行為(従来は3年生だったが、中1まで遡るように最近変更。事件後にまた3年生のみに)をした生徒は推薦しない、という基準がある。とはいえ、実際に万引きをした…

ウィンカーを出さない車への指摘がネットでも遂に湧き上がってきたが。

主題は格差が広がっている現実を数字でなく人間性で理解する、というお話。 私は大学時代から同じ街で暮らしているので、人々(社会)の変化の観察が出来るというメリットがある。大体私が気付いてツイしてから2年後くらいに、そういった行動が一般的に認知…

他人の不倫になぜそこまで目くじらを立てられるのか、の不思議

世間が炎上し、マスメディアでも批判が当たり前、という感じになった近年の不倫騒動でいうと、矢口真里、ベッキー、そして宮崎謙介議員だろう。 不倫は違法ではない。日本ではなぜか大人同士の当人が自由意志で離婚がなかなか出来ない中、不倫(他者との姦通…

はるかぜちゃんが「芸能人卒業宣言」でふっと思う事

彼女がツイをやっている頃、リプは酷いものが多かった。そもそも彼女がつぶやいている事と関係無い誹謗中傷が多すぎた。特に年齢に関係する「子供のくせに・・・」「学校いっているのか」などが多かった気がする。もちろん、そんな事をわざわざする匿名の大…

蛭子能収の著書「ひとりぼっちを笑うな」が売れている件に物申す

編集者が考えたのだろうが、決して「ひとりぼっち」の話ではない。友達なんていらないんじゃね?という話だ。そう、家族は必要なのだ。 以前、彼はこの本のプロモーションの時に、前妻が無くなった直後からすぐめぼしいファンの人に声をかけまくったと話して…

ageHaにはしばらく行くのは止める

何を隠そう、私はテクノが大好きでお目当てのDJの出演がある時は積極的にクラブに行って朝まで踊っている。ナンパや酒にも興味がなく、DJとの勝負的な感じがある。ちゃんと客を見て選曲をするDJはやはりそれなりにビッグネームの人が多いが、前座の若い人、…

清原和博が覚醒剤所持の疑いで現行犯逮捕されたが

彼を責める事が出来る人間がどれだけいるのだろうか。私は彼の気持ちがわかる、というわけではないが、覚醒剤に手を出したくなる気持ちはよくわかる。 人は常に何かに依存している。大きく言えばそれは社会であり、社会の最小単位は家族である。社会人になっ…

3歳時の暴行事件での世間の反応で思う事

哲学的な観点なんだけどね。私からすれば問題は無力もしくは抵抗されても問題ないと思われる他人に対する悪意の表現方法の問題でしかないのよ。つまり、他人に対する悪意そのものが問題であって、死はその結果でしかない。なのに、世間の反応はこの「死」を…

無職引きこもり中年のアルバイト面接、面白いぞ

最高ですね。年齢や結婚をしていない単身者、というだけでアルバイトさえも断られる快感。アルバイト面接なんて大学生以来したこと無かったし、ましてやその面接で落ちたことなんて無かった。それが40歳を過ぎると単純労働さえも落とされる。なんて面白い。…

日本はなぜ年齢差別、女性差別が改善されないのか更に考えてみた

人種差別があるアメリカ。とはいえ、労働階級(スーパーやタクシー等)には年齢も性差別もない。様々な年齢、人種の人が働いている。違法な移民も多い国であり、そういった労働階級によって社会が支えられてきた面もある。それはそれで貧富の格差社会を生ん…

無職の中年引きこもりがアルバイト面接に行った結果

店舗には決済権無くて、本社の採用係が決めるんだと。年齢的に厳しいという事でダメ。バイトの決済権さえも支店に与えない会社って今時どうなのよ、同族の会社で、支配欲。だから何でも遅いんだよ、という文句はあるが、まあ、それはいい。 日本は海外に習っ…

軽井沢のバス事故は我々が選んだ社会の結果

高速バスの法律の基準が厳しくなったのは関越でのバス事故。あれは運転手が副業をしていて疲れていた事に起因する。しかし、マスメディアは安全をコストで売った、的に散々業界を叩いた。そういう時にだけ法律は早い。すぐ法整備がされ、よりバス会社はより…

おっぱい募金に行ってきた。

何気なくつけていたMXの番組で知った「おっぱい募金」。もともとは本家24時間テレビの裏で、「BSスカパー!」のテレビ番組『24時間テレビ エロは地球を救う!』が、毎年行っているチャリティイベントとの事だが、今年は12月5日と6日の両日に行われるとの事…

いちいち正論で政治叩きをしたい人

ネットには多いですよね。色々な有識者の発言やデータを使って言う人もいます。こうした人達は大前提を忘れているんですよね。それは、 日本の政治家(というか、人間)や、それを支える、もしくは動かす既得権益者達が、なぜ自分達意外の事を親身に考える事…

又吉直樹の「火花」が想像したよりも傑作だった。

話題作なので読んでおかないと批判も出来ないし、今のエンタメの金の流れも理解出来なくなってしまう。そういう観点もあり、読んでみた。 しょっぱなからかなり辛い。読み難い。まどろっこしい表現。稚拙な描写。共感はおろか、感情移入も出来なければ、何が…