読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

底辺の見方、上からの見方

日本社会の底辺層のモノの見方、ちょっと上の層のモノの見方のお勉強

松村沙友理、まさかの展開が面白い

底辺日記

本人が即時に釈明、それもまさかのナンパされた、という告白。

トップアイドルが男の手を引っ張って道路を歩くなんて。そして、確かにあのビルの前は夜人が少ないが、それでもそこで抱きついてキス、なんて。アメリカのドラマで尾行されていることに気づきながら見せつけるオトリのごとく。見事。

乃木坂が大きくなるには必要な段階で、その中でもバラエティ特性のある上位メンバーが今回の役に選ばれたのだろう。

こういった自作自演も戦術の一つだから仕方ないのかもしれないけど。なんか方法論的に古いな、と。完璧よりも少し欠けがあった方が人間は親しみやすい、とは確かにいうけどさ。

このプロレスにのって楽しむのが本来のファンなんだろうなぁ。