読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

底辺の見方、上からの見方

日本社会の底辺層のモノの見方、ちょっと上の層のモノの見方のお勉強

「指原莉乃と満たされない女たち」で指原莉乃の化け物ぶりを確信

単なる日記

指原莉乃というアイドルは唯一無二になりつつあると思う。そもそも、第一線のアイドルで、冠番組をもってMC的な事までこなす人など未だかつていなかったと思う。バラドルブームの時も、あくまでもメインは男性で、女性はその横、という扱いだった。山田邦子ぐらいか。自らが中心にいたのは。しかし、指原莉乃は中心にいてMCをしているか、と言えばそうではない。表題の番組も大久保佳代子がサポートとして隣にいたから成り立っている部分がある。それでも、だ。なぜか指原莉乃が中心的な雰囲気を醸し出す。それはなぜか。もちろん、他のタレント等が気を遣っている、という事もあるかもしれないが、ツッコミやぼそっと言う事がいわゆる、ウケる、のだ。反応がアイドルっぽくないだけでなく、AKBのイメージさえも払拭する、指原カラーを醸し出す。いわゆる、トーク力、というのはこういう事なのだろう。

例で言うと、AKBファン以外は見たことがないだろう老舗番組、「有吉AKB共和国」という深夜番組がある。その中のコーナーで擬似ラジオ局というのがあり、メンバーと有吉がただトークをする、というのがある。有吉は今や売れっ子であり、メンバーによってまったくテンションが変わる。ダメな時は淡々とシナリオをこなすだけのMCになる。そんな有吉が楽しそうに話す回をゲスト別に見ると、

指原莉乃横山由依

といった所だろう。もちろん、この二人が有吉と同じ太田プロというのも重要なファクターなのもわかる。それでも、有吉へのツッコミや、フリに対するボケなどは一つ頭抜けているのは場の雰囲気でも明らか。峯岸みなみはそこに入り込もうとするが、指原と一緒の時は十分彼女も生かされて面白いのだが、峯岸みなみが逆にリーダー的な存在で孤立すると場は盛り上がりに欠けてしまう。最近、彼女は結果を急いで下ネタや暴露ネタに走りがちになっているが空回り。本人もトーク力で劣っている事を十分わかっているのだろう。

 

HKTに移籍して、プロデューサー的役割をすることで覚えたスキルなのかもしれない。自らが場を支配しつつ、周囲も目立たせる。しかもアイドルで、だ。

 

昨晩の番組でその能力を確信した。大久保佳代子は相変わらず下ネタなのだが、それを見事に交わしながら盛り上がるようなツッコミ。しかも、大久保佳代子も損をしないやり方。掛け合いが見事だった。壇蜜、山ちゃんなど、大久保佳代子とタッグを組んだ番組は色々あるが、どちらも交わらない感じがあった。指原莉乃はスッと相手の懐に潜り込み、気持ちいいツッコミをしてくれる。

 

アイドル、バラドル、芸人。そんな既存の括り方には当てはまらない新しいアイドル、指原莉乃については今後も注目していきたい。