読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

底辺の見方、上からの見方

日本社会の底辺層のモノの見方、ちょっと上の層のモノの見方のお勉強

シングルマザーの貧困問題、根本から解決出来ないのだろうか

シングルマザーの貧困問題は度々ネットでは取り出される。シングルマザーでの貧困から脱出した人がNPO法人等で活躍出来るようになった事も発言力が増しつつある要因だろう。小さな子供の世話をしながらの就労は条件的に月10万程の業務しかなく、ワープアになってしまうので、残り足りない生活費を生活保護費で埋めるのが主なやり方との事だが、中には子供のイジメにつながらないように、生活保護受給を止めてしまって更に追い込まれる例もあるという。シングルマザーの貧困問題を語る時、大体、現状の貧困問題をどう社会システムとして解決出来るか、という話になる。もちろん、それは正しいアプローチであり、現状の問題として一人ひとりが考えなければならないのだが、日本は制度を考える議員でさえもセクハラヤジをするぐらい男尊女卑社会であり、社会制度としてシングルマザーを救う、というのはかなり時間がかかると思われる。

日本は為政者達にとって関係ない、いわば社会的弱者は普通の人間と同じような人権があるとあまり思われてない節があり、その社会的雰囲気は底辺層近くにいる庶民にまで浸透しており、そういった層が生活保護受給者を蔑む事で更に負の連鎖が起きる。そんな民度の日本ではシングルマザー貧困は、遺書がある死亡者しか自殺者としてカウントしないのに毎年3万人前後の自殺者を出し続け、特に結果を追求されない対策しかやる気のない状況と同じ扱いになる可能性がある。

 

ではどうするればいいのか。まず現状の貧困問題対策は先に述べたとおり、日本の民度の問題で恐ろしく時間がかかる可能性があり、また、NPO法人等の対策団体も続々立ち上がっているので、そちらが解決に向けて活動する事だろうが、今回はシングルマザー貧困層を増やさない為にどうしたらいいか、を考えたい。

 

シングルマザーになる主な理由何なのか。夫のDVが原因である事が多いそうだ。子供と一緒に逃亡する程の人もいるらしいので、それならば致し方無い。では根本問題として、答えは簡単だ。シングルマザーの貧困問題なので、まずは「マザー」にならなければいいのだ。

「好き」というだけ、または条件だけで結婚しない

DVは突然始まる事もあるのだが、記憶が無くなるほど酒に酔うような人でも、女性に暴力を振るわない人は振るわない。つまり、女性を殴る人はそもそもそういう人なのだ。そういう見極めなく、ただ好き、という気持ちだけ、もしくは自分の年齢、相手の年収等の条件で安易に結婚を決めない。

専業主婦という手段を考えない

まだ独立出来る程の給与レベル、業務レベルまで達していない女性に限って、簡単に子供を生む事を考え、専業主婦という手段を考えがちである。それは離婚後貧困になる事が確定しているとも言える。まずは男性と同じレベルまで働けるようになること。そして専業主婦は仕事の出来る自分の可能性を閉じてしまい、社会にとってもマイナスである、ぐらいに自分の仕事に自信を持つべきだ。そうなると、結婚を前提で付き合う男性の趣味も変わってくる。

 

そして、恋愛については

人間を見る目が既成概念に囚われていないか疑ってみる

 例えば地元の元ヤンキーの先輩と付き合っていたとする。その彼は学生時代はカッコイイ、と女子の間では評判で、今は親の商売を継いでいる。怒ると怖いが、優しい時は誰よりも優しく、私の事を「一生大事にする」といつも言ってくれる。

もちろん、この仮定の彼が素晴らしい人格者であるかもしれないが、ここは仮の話なので進めると、

 

・学生時代、カッコイイ、という感覚は何処からきた価値観なのか。マスメディアの影響はなかったのか

・ヤンキーに対するいい面のフィルターがかかっていないか。ジャニーズ系のドラマの影響を受けていないか。彼のせいで未だにトラウマを抱えた人生を送っている人達が多くいる、という現実も直視できているか。

・言葉は大事だが、なぜ言葉を信じるようになったのか。その起源は

 

自らの恋愛の既成概念を疑ってみて、人を見る目を成長させる事で、DV男子を見分ける能力を見につけるのだ。普通の教養範囲の人はDVなどしないのだから。医者でも弁護士でもDVをする人はいる。それが判らないのは、条件で目が曇っている、という事もあるのだ。

 

今の日本で社会システムに救いを求めるのはかなり無理がある。しかし、自分を変える機会と手段の自由はやはり先進国と呼んでいいレベルだと思う。

まずはシングルマザーにならない。なったとしても、貧困にならないように自分を磨いておく。そう考えて行動出来る女性が次々とリーダーとなった時、日本の男尊女卑社会が薄まり、シングルマザー貧困層(その時はシングルファザー貧困層も同じようなレベルになっていると思うが)に対する社会システムが整備されると思う。