読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

底辺の見方、上からの見方

日本社会の底辺層のモノの見方、ちょっと上の層のモノの見方のお勉強

いきなりステーキ を不味い、と書いたエントリーに何度も入る暴言コメントについて

イマイチわからんのですよ。食って人によって好みがある事は誰だって知っている事。

例えば、信者の多い「ラーメン二郎」。

臭くて不味い

という人だっている。その人に対して、二郎信者がわざわざ暴言を吐くような光景を見た事が無い。なぜならそれだけ嫌われる事も個性である、と信者達は知っているし、好きな人達が集うから人気のラーメン屋なのだから。

ちょっとラーメンだとわかりにくいか。では日常会話ではどうだろうか。

食べログで人気の◯◯っていう店、最高に美味かったよ」

「そう?私はあんまり好きじゃなかったなぁ。なんであんな高評価かわからない」

こういった会話こそがある意味食べ歩きをする人達の楽しみでもあるだろう。それぞぞれの評価を持ち合う、というコミュニケーション。これを

「味がわからないお前なんか◯◯」

的に言う人なんて見たことない。

 

自分の舌に絶対的な自信を持っている人なんてほぼいないから、芸能人格付けランキングみたいな番組が出来て、味だけで食材を当てる難しさ、というか多様性を示しているわけで。というか、食べログの評価とか含むネットの評価こそが多様性であって、どれだけ評価の絶対値が高かろうが、それを不味い、と思う人がいるのが当たり前であり、正常な事は人間社会で生きていれば当たり前の事。それをわざわざ自分が美味しい、と思うモノに共感しない人に暴言を吐くほどの行動をする人が本当にいるのだろうか?松屋すき家吉野家の牛丼を初めて食べたけど不味くて二度と入らない、というエントリーを書いた人にわざわざ悪口を書く人がいるかどうか、という事もミラーリングして思考してみた。

 

考えられる事は2つ。

まず、ラーメン二郎の例にあるように、店が大好きな信者という事は考えにくい。好きであればあるほで、賛否があるのがわかるというもの。そのクセ、それこそが信者を支えるのだから。であれば、そこまで信念があるわけでもなく、ただ検索ワードに打った時に予測で出てくる「不味い」で検索し、ひっかかったブログに読みもしないで悪口を打つパターン。これはネットでは一番考えられる。本人にとっては憂さ晴らしなのだろう。まあ、そういう人はどこにでもいる。

もう一つ考えられるのがネット評判対策の会社から委託されているアルバイトの人達。日々悪評を潰すべく、一件◯円で攻撃する。まあ、こんな弱小ブログにはこないと思うけど。

 

まあ、もう面倒だから見ないし答えないからいいのだけれど。まあ、人を見下す事で心がす~っとする事がある心理は理解出来ないわけじゃないしね。

もっと人格を鍛えていきたいなぁ、と思うわけです。

そんな簡単に行かないのが生きる事だったりするわけだけど。

 

 

 

低所得者が結婚出来ない理由の考察

金が無いからこそ結婚したらダブルインカムになるのだから、年収200万円の人が同じ年収の人と結婚した方が明らかに生活費が節約できるので、むしろお得なはず。それなのになぜ低所得者は結婚出来ないし、しないのだろうか。もちろん、金持ちの方が誰だっていいのはわかっている。それでも付き合う事さえもしない、というのは幾分異常な感じがする。せっかくなので考えてみた。

 

学生時代の相手と結婚しない限り、その次に結婚相手は職場(関係)恋愛、その次がネットでの出会い、というのが日本での調査結果だ。ただ、職場恋愛とネットとの出会いでの成就は結構開きがある。ネットでの出会いには色々あるので一概には言えないが、職場恋愛さえも低所得者層は出来ないという事になる。

確かに、低所得者=会社も小規模、もしくは非正規雇用&アルバイト=好みの異性、適齢期の異性の絶対数が不足、という現実問題もある。しかし、世の中それなりにブサ男、ブサ女も結婚している。となると、外見だけの問題ではなさそうだ。

そこで、私はある仮定を考えた。それは、この情報過多の時代で、様々なヒエラルキーの上っ面の世界が見える中、自分の立ち位置に不満がある人が多い事が前提なのではないだろうか。

・こんなはずじゃなかった

・あそこで失敗しなければ

・学生時代の友人は会社の同僚と結婚して戸建てを購入しているけど私は

等々、SNSも普及して一般人さえもきらびやかな生活を送っているアピールをする中、何も無い生活というか、遊ぶ金も無い人達が自分の境遇、生活を良しとする事は至難の業ではないだろうか。そうなると、本来自分の身の丈にあった相手、通常でいう職場結婚というのは男女とも同族嫌悪の対象となる人なのではないだろうか。

私が今まで会ってきた低所得者層の人は、外見もぱっとしないだけでなく、人見知りの人が多かった。これは不特定多数と責任を持ったコミュニケーションを取るような仕事の人が少ないからだ、と思っていたのだが、そうではなくて、人見知りというよりも、人を見知ろうとする姿勢がそもそも無いからだ。つまり、自分と同じヒエラルキーの人間に対する興味がかなり薄くなってしまっているのだ。ただ、男に限ると外見が自分の性欲に値する場合は積極的に動いたりするのはご愛嬌。

逆に言えば、高年収の人は他人とのコミュニケーションが上手い人が多い。他人との会話とは本を読むのと同じ。人生のTipであり、自分が体験出来ない他人の人生の決断等を疑似体験出来るわけだからこんないい事はない。もちろん、個人差はあるが、低所得者層の人見知り(いや、人身知らず)の圧倒的な多さに比べるとコミュニケーション上手といっても過言ではない。

 

高所得者層は自分の立ち位置も将来性も大体わかってきてハイリスクな冒険もしないから、ある程度の歳(30~40歳過ぎくらい)になると他人と自分を比べる事よりも自分が幸せになるチョイスをする。しかし、低所得者層は今の自分に不満があるから常にそんな自分を上げてくれるような存在を探す。ニュース番組へのツイッターや政治家への不満の正論等で自分の社会的価値が上がると勘違いし、他人を見下し時にはわざわざ調べて他人のSNS等に暴言を残して気持ちをす~っとさせる。そうで無いと自分が浮上出来ないからだ。そんな人達が自分と同じようなクラスの人を選ぶ理由がない。

男性の場合、外見、特に若い女性やアニメ等に理想の女性像を作ってしまうかもしれない。同レベルの女性で外見がよくまだ結婚していない人などほとんど存在しないからだ。女性の場合、専業主婦を夢見る人が多い為、同レベルの男性など目に入らない。今の仕事が底辺で辛いからだ。余談だが、大会社の女性になればなるほど、子供を産んでもむしろ仕事をしたがる。それは自己実現欲求であり、金の為ではない。社会で働く事が楽しい職場だから。奴隷のようなサービス業やロボットでも替われるような、自分である必要もない低所得者の仕事ではないのだ。専業主婦でもいいや、というほど金を得ている男性が選ぶ女性はそれなりに若くて外見もいい人なので、これも狭き門になってしまう。

結局、低所得者層の男女は自らの境遇、立場が辛く、相対的な劣等感を覚える事で身の丈に合わない理想を自然と追い求める事で結婚どころか付き合う相手とも出会わず、そのうちに若さという最大かつ唯一の武器を逃し、あぶれてしまうのだ。

 

ちなみに若くて美人、もしくはスタイルがいい女性はどの層であっても関係無く結婚できるのは言うまでもない。

今村復興大臣が激昂した会見について、日本のヤバさ

大臣クラスの政治家にジャーナリストがわざと感情を刺激するような言い方をして相手を怒らせて本音を聞き出す、というやり方は欧米では当たり前の手法だ。今回は今村復興大臣が発言の撤回をした、つまり挑発にまんまと引っかかってしまったわけだ。

欧米では当たり前の手法がなぜ日本では普通ではないのか。それは日本でジャーナリズムが生まれない原因、記者クラブ制度だ。政治家が決められた原稿を発表する事をまとめるだけの記事。どの新聞も同じ内容。個性、違いは個人の私見レベル(ITで言えばブログレベル)の社説という事になる。これには何のエビデンスも無い。この方式は日本のマスメディアにも導入されている。コメンテーター方式だ。社説を書く人=コメンテーターと同じような感じ。彼らの意見など本来どうでもいい。大事なのは事実だ。

しかし、日本ではそれを聞きだす事は出来ない。記者クラブには忖度が存在するからだ。忖度があるからこその記者クラブ。戦時中と同じだ。だからこそ、今村復興大臣の決められた原稿の発表終了後に記者は質問をしたのだ。

 

聞き出した本音を要約すれば

自主避難者については今後は地方(福島)に対応は任せる。国はサポートはするけど手を引くよ」

という事。この「手を引く」という事の基準が曖昧であり、自主避難者が国に対する不信を払拭するに至っていない部分であり、その説明無しに

「自己責任」

という記者の揚げ足取りに乗っかってしまった、つまり大臣の本音が今回出てしまったのだ。

こんな事は日本社会では当たり前の事だ。社会の裏でもなんでも無く、それなりに社会の仕組みを勉強というか、様々なビジネスシーンに触れたりして経験をしていれば日本社会のシステムとして理解出来るはず。つまり、政治家、税金、利権獲得者、支援者等々の仕組みの事だ。しかし、仕組みを知らない人に私が言った所で誰が信じるだろうか。逆に有名じゃないフリーのジャーナリストが暴いた所で誰が信じるだろうか。それよりもテレビに出ている医者、元新聞記者等のコメンテーターの話しを信じる人の方が多いぐらいだ。だからこそ、エビデンスが必要であり、今回は大臣が発言撤回をした以上、大臣に本音を言わせたジャーナリストの勝利なのであり、その本音の部分を検証し、考え、監視するのが選挙権のある庶民の務めなのだ。その材料をジャーナリストは与えているだけ。

 

と、欧米では当たり前のこのプロセス、日本ではどうなったか、というと・・・。

なんと、この報道をするマスメディアを偏向報道と非難したり、このジャーナリスト、西中誠一郎氏を活動家として非難したり、煽り質問を非難するブログ等が続々と立ち上がったのだ。

西中誠一郎氏の活動が個人的に気に食わないのは理解出来る。それでも日本では信条、宗教の自由はあるし、そもそもジャーナリストというのは個人的信念に基いて動いているものであり、その個人のフィルターから真実を暴く活動の事でもある。事実を曲げてはいけないが、その事案のチョイスはジャーナリスト次第でもある。彼がどれだけ自分の考えと合わない人間であろうが、そんな事はどうでもよく、今村復興大臣が発言を撤回した、そうした発言を引き出した煽りが功績であり、庶民が目を向けるべきは今村復興大臣、つまり国の姿勢に対するチェック、それだけだ。

 

なのに、なぜか西中誠一郎氏の個人攻撃が当たり前のようになっているのはなぜだろうか。ここに日本人の根深い人間蔑視、差別意識がある。まずは人の外観というか、取り巻く情報だけで判断するやり方。東大出身=すごい人、みたいな。テレビのコメンテーターをバカにしている人は多いが、彼らの多くは日本中の講演で荒稼ぎ出来ている。テレビに出ている人=自分よりも上位、のような見方。つまり、事実その事のみを点で判断するのではなく、なぜか私情を挟む事が良しというか、色眼鏡がかける方が良しとされてしまっているのだ。こうした人はビジネスシーンでも当たり前にいる。

・後輩の的確な指摘に対して「お前に言われたくない」と制する上司

・会社にとって利益な活動でも「あいつには協力したくない」と平然と言える同僚

会社はまだ人間的利害関係があるのでまだ理解は出来る。ただ、これが為政者である国と国民という関係だとまったく関係はなく、税金を払っている株主の立場の国民として、どんな手段を使ってでもチェックすべきであり、それを自らの信条と違う活動家がしようが、気に食わない芸人がしようが本来関係無いのだ。

 

この自分が気に食わない人間を認めない、というあり方が当たり前、という庶民のやり方が、仕事の年齢制限が公の機関でも当たり前のように行われている日本らしい発想にもつながっている。例えば「アメリカンスナイパー」という映画で実在の主人公は厳しいテストをくぐり抜けて訓練に入るが、そこで「お前みたいなロートルがついてこれるのか!」と訓練士にはっぱをかけられる。つまり、門戸は開いており、体力チェックをクリアしたら年齢関係無くチャンスがあるのだ。日本ではそうした門は年齢で閉じている。極端に言えば、武井壮に勝てない20代がほとんどでも、40代になったら応募すら出来ない肉体関係の仕事の多さたるや。これが欧米ではありえない。本人の努力、資質は年齢に関係無いからだ。その仕事に値する体力がある事、その一点が大事なのだ。

しかし、日本では上記のように、その仕事を行う為の体力、という一点の事実になぜか「年齢制限」をかけるのが当たり前だ。この年齢、例えば39歳と40歳になんの違いがあるのか。明確な線引などない。決めた人の私感だ。そんな人間性を否定するような事が当たり前になっており、だれも文句を言わない。それはその被害を被る立場の雇われ庶民、立場の弱い庶民達も同じように事実の点で物事を判断する訓練、発想が出来ておらず、周辺情報を含めて私情で判断し、他人の人間性を否定する事をなんとも思わない、むしろ人間性を否定している事すら気付かない社会になってしまっているからだ。

 

今村復興大臣の記者会見。ネットで世界情勢が誰でも手に入る時代。少しはリテラシーが向上しているかな、と思ったのだが。何も変わらず、日本社会は庶民自身が作っているという事をあらためて痛感する事となった。

 

逃げればいい、について

いじめ等の学校問題については去年の9月に。会社関係は同じく11月に「無責任だ」と書いたのだが、何のアクセスも無かったのに、なんか別の人が書いた同じような内容のはてブロが話題になっているようで。

さすが、弱小ブログ。誰も見ていないぶりが半端ない。そういえば昔、話題になった単語ですぐブログを書いても検索に引っかからなかったので、グーグルAIに内容が価値がない、と判断されてしまっているんだろうなぁ・・・。まあ、見てもらう工夫もしていないしね。ざ~っと一気に書いて見直さない方式をとっているから、結構支離滅裂だったり、誤字脱字もあったりするしね。

 

あれから約半年たったけど考えは変わりません。追い詰められている弱者に物言う前に、そのような社会が当たり前にならない為には個人として何が出来るのだろうか、その物事自体の問題(いじめやパワハラ等)に直接アプローチする、という事じゃなくて、例えば、自身の言動、信条等で見ず知らずの他人の尊厳を傷つけている事がないだろうか、とか、社会のシステムで当たり前のように思っている、公共機関でも存在する年齢制限を疑ってみるとか。そういう、他人を尊重する事が出来る社会作りができる為には自分としてはどんな事が出来るか。

自殺を選んでしまった人に届かない、「逃げればいいのに」なんて言う前に、人が人を合法的に殺してしまう社会に自身が手を貸している部分が無いかどうか。例え社会が悪だとしても、それが自分が悪になっていい理由にはならない。

 

それでも人は弱いから。間違える事もあるし。他人を傷つける事もある。それでも自分が悪にならない為に。

強くありたいものです。

ニュースしか会話相手がいない中年達

友達も彼女いない、もしくは話し相手のいない人達がヤフー等のニュースのコメント欄で批判的な意見を書く、って有吉弘行氏がラジオで言っていたそうです。あれだけ芸能界のトップにいて通常のサラリーマンでは達成出来ない年収を稼ぐ人間がそこまで社会の事に精通しているのは驚きです。むしろ一流企業と言われるPR部門、マーケティング部門の人達でもそんな事を知らない、理解出来ない人達、結構知っています。

 

ただ、「ニュース」しか会話相手がない人達と、結婚していて子供がいてもツイッター

・今から幕張!

・今週末は◯◯イベント!

とだけ書く一般人の多さ。またインスタ等にも上げる為の写真をどこでもいつでもせっせと撮り貯める人達の多さたるや。

すべては認知欲求から来る行動であって、そこの内容に上下を決める必要は無くて。ニュースに批判的に絡む人と。

USJに皆で行ってきました!とインスタで上げる人。

どちらも承認欲求、認知欲求に大差はありません。日本のSNS利用率は世界トップクラスであり、他人に認められる事、知ってもらう事をそれが仕事の芸能人以外の一般人でも強く持っている国民である、という事。逆に言えば個人が自信を持てない社会、社会が個人を否定する社会とも言えます。

面白い例として「マツコ有吉の怒り新党」で有吉が言っていた事。

日本の銭湯で

・入れ墨のチェックはめちゃくちゃ厳しい→社会による個人の抹殺

・更衣室等でスマホ操作は禁止事項のみ→盗撮による個人の実害の大きさは入れ墨の比ではない。社会の個人の軽視。

そうした日本人の特性を知った上で庶民を操作して自らの価値を上げようとするメディアで活躍するジャーナリスト、起業家等も日本では非常に多い。ジャーナリズムが無い日本、つまりスポンサーの意向重視のマスメディアを主戦場にするジャーナリストはジャーナリストではなく、アイドルと同じく芸能人(肩書、ジャーナリスト)と同じ。

それでもニュースしか会話相手がいない人はそんな人達を自らの意見の代弁者としてリーダー視する事で自らの承認欲求を満たす。

 

なんか寂しいね。日本人。日本社会。

マツコやりゅうちぇるみたいのがキワモノとしてテレビに出るのではなくて、普通に日常に居る風景になるといいのにね。入れ墨をしている人、外国人が側に居る事さえも普通じゃない人が多い閉鎖された国だからまだ先の話しか。

 

「主人」や「嫁」という言葉は賞味期限 川上未映子さんの話しによくある日本人的反論

フェミニストと公言している川上未映子の表題の件について、よくある日本人的反論として

・そうした言葉は言葉通りに使っているわけじゃなくて記号程度なのに何を言っているのか

・嫌なら使うな

というのがある。なるほど、これが2016年男女平等ランキングで111位の国の国民の発想というものだ。

「主人」「嫁」というのはあくまでも「点」の話しであり、彼女が言っているのは男性と女性のロールわけが暗黙の了解でされている日本社会の現実、そこのバイアスからの開放の話しをしているわけだ。その事を論じると果てしない文章量になるし、それなりのエビデンスのデータも必要になる。そうではなく、議論の一石を投じる形での象徴としてこの「主人」という言葉が引き合いに出されたにすぎない。この発言で本来考えないとならないのは何がそうさせているか、という現実の直視だ。男女が平等にならないバイアスを本当から皆開放されているだろうか。例えば、

・CMで食卓に夫子供、母親が料理を持ってくるシーンの多さ

プレミアムフライデーのニュースで「早く帰ってくる夫について」という街頭インタビュー

・アンカーが男性でそれを囲むように若いスタイルのいい女性群で作られている情報番組

・老人のコメンテーター達が爺さんばかり

これらを述べる時にフェミニストが一つ一つ「点」で議論する必要はない。表現の件と同じ、あくまでも規制事実としての話。しかし、反論者はまた同じくこの「点」について突っ込んでくるだろう。

 

日本人は自分たちが作り出している「圧力的空気感」に意外と無頓着な人が多い。政治家が「それは秘書が勝手にやった事」と逃げる事があるが、これの社会版と考えるとわかりやすいかもしれない。確かに、政治家は具体的に秘書にヤバイ指示の証拠など残さない。しかし、

(これが解決すれば私は助かるのになぁ。それに貢献した人は第一秘書として次の選挙で公認立候補として考えてもいいのになぁ。いや、結果が出たら確約しよう)

という空気を醸し出す。頭のいい人ならその「空気」を呼んで行動する。それが公職選挙法違法スレスレであろうとも。これと同じような空気感で男女の性差による差別が生じているのが今の日本社会。

 

昔、男女平等に近い評価のあるリクルートで働いていた人でそうした発想がある人だと思っていた上司が「でもやっぱりお茶は女性が煎れたほうがおいしい」と会社で女性にお茶出しをさせていた時はびっくりした。それ以外の多くは比較的平等的扱いが多い人だったのに。つまりそういう事だ。「主人」という言葉の「点」の話しではない。ありとあらゆる場面で性差を差別せずに考えている、信念を持って日本社会のバイアスにはとらわれていない、と断言出来る人だけがフェミニストの人達としっかり議論が出来るのだ。先に述べた通り、日本社会では性差別が当たり前のようになされている。先に紹介したCMなどの例を他の先進国で流したら「女性蔑視だ」と不買運動が起きてもおかしくない。「おかあさんの愛情です」なんてCM流したら大変な事になる。視野の狭い日本人の多くは「いやいや、母親の愛情ってあるでしょ?それを感じる人をターゲットにしたCMなんだからいいんじゃん?嫌なら買わなきゃいいんだから」と言うだろう。そういう軸の議論じゃない事が理解出来ていない。

 

社会をしっかり考えて理想的な社会を考える人達と「それは個人の捉え方でしょ?」と人間の行動思考バイアス、他への影響、相対的自己価値などの認知行動、社会学などを一切無視してなぜか社会に存在する人間をそこだけスタンドアロンのPCのように言う大人を気取る人達。ここの間はなかなか埋まりそうにない。

喫煙は店面積に関係無いという事が理解出来ない日本人

喫煙者の喫煙の権利を守るのではなく、非喫煙者が煙を吸わされない権利の方を大切にするというパラダイムシフトが世界で起きてから既に十数年。日本は未だに喫煙者の権利をどう守るか、の議論になってしまう。これが日本社会で培われた価値観であって、タバコだけの問題ではない、という事に気が付かないと日本人はずっとこうしたやり方を続けてしまう。

すべてを簡単に言うと、

 

・害を受ける側と与える側

 

のシンプルな関係性に個人の私利私欲が混じって判断してもOK、という非理論的価値観だ。

例えば不倫。関係者間にしか害が無いのに、関係無い他人が非難する。関係無い他人に害を与える路上喫煙をした人の方が本来責められるべきなのに。

例えば援助交際。未成年とわかっている大人側が責められるべきなのに、まだ精神的に子供の未成年側を悪くいう中年達。

 

筋が通っていない。タバコもシンプルに考えれば、小さなバーだからこそ受動喫煙問題が大きいのだ。非喫煙者は小さなバーに行く事が出来ない、もしくは煙を我慢するのが当たり前、という事になってしまう。すべての飲食店が喫煙禁止にすれば客足云々の問題などにならない。例外を儲けるから問題になるのだ。そしてそんな事は冷静に考えればビジネスをやっている人なら誰でもわかる。しかし、そうした理論的な事を覆い隠すほど、私利私欲でもOKと考える日本人脳は力がある。

 

ここまでは身近な人によっては利害関係が無い事だから大した問題と考えないかもしれない。しかしこの日本人脳が税金の使用方法や公的サービス、政策にまで関わっているとしたらどうだろうか。実際、タバコなどは国際的な流れ、IOCの要請さえも無視した形となっている。その先にあるのは「害を受ける側」をないがしろにする風潮だ。

日本人脳の発想で怖いのは、害を受ける側がマジョリティーになったとしても、与える側の方が強い、という事だ。というのも、日本人は自分に関係の無い事に興味を持たない、社会の構成員としての意識の低いサイレントマジョリティーとなるべく教育を受けてしまっているからだ。ただ為政者に従う。そうしたシステムが出来上がっている。

 

いやいや、日本には選挙があって、と言う人もいるだろう。これ自体がそもそもサイレントマジョリティーシステムの一つだ。日本は戦後一時期以外、ずっと自民党一党独裁体制だ。これは中国と変わらない。つまり、自民党内で権力派閥が出来るのが当たり前でそこで凌ぎ合いを続けている歴史なのだ。小池百合子東京都知事がそれをわかりやすくしてくれているので興味の無い人でもわかるだろう。つまり、その他(大阪維新等は別だが)の昔からの政党は単純に票を割るだけの存在、地元の既得権益者を守るだけの存在。つまり、国政としてはいらない。理論的に考えれば二大政党制で、参議院を無くして各都道府県知事(またはそれに相当する新たな地方代表)が下院として地元の為に戦う。これだけでいい。

 

脱線したが、理論的に考えてジャッジをする。その癖を大人になって付ける必要があり、自らの嗜好性だけで物事を決めるのであれば子供と何ら変わらない。