底辺の見方、上からの見方

日本社会の底辺層のモノの見方、ちょっと上の層のモノの見方のお勉強

モーニングクロスという番組で

MCの堀潤氏が

「年収300万ですよ!?それでいいのか、という話ですよ!?」

と言っていた事が耳に残った。

朝は情報としてテレビを垂れ流しにしているので、どのような話をしていたか、はうろ覚えだが、アベノミクスの評価でデフレ脱却で給料UPで、的な話だった気がする。

 

年収300万・・・。

昔の自分だったらクソのような数字だが、全然そこに届かない生活をしているので300万あれば色々出来るなぁ、と思ってしまった。

つまり、これが底辺にいる人間の発想。堀潤氏にとって300万円は安い金額なのだろう。しかし、その数字が平均値で出る時はその数字よりもはるかに安い年収の人達がいる、という事だ。高い人達がずば抜けているのでどうしても数字上そうなってしまう。

なんかショックだった。確かに現実、今この底辺から脱する手段を模索してはいる。こんな年収のままで満足などしていない。金を儲けたいという事や以前のような生活をしたい、というわけじゃない。大学時代よりも貧しい今の生活は異常だと思うし、その時よりも税金として徴収される額が大きいのも問題でもある。しかし、それは私自身が思う事。それを他人から「そんな安い金額」的に自分よりも全然多い金額を指して言われてしまうとやはりちょっとショックだ。

 

なるほど、まだ私には底辺でいてたまるか、という悔しい気持ちや野心があるという事か。

ストレスをためないように、今の自分を受け入れて目先の刹那的な快楽を一切捨てて今までやってきたが、そろそろスタート出来るぐらいに気持ちが整ってきたのかもしれない。

 

地獄少女で考えた事

結構ピンポイントで見たら人というよりも獣のような人間たちの多くが地獄に流された。そういった人が生きている事で今後多くの人が傷つく、というのがエクスキューズだ。
だからといって地獄に落としていいのだろうか。

過去、元ヤンキーの芸人達が何かする、的な番組があった。
私はおかしいと思っていた。彼らが若い時に何人の人が苦しい思いをしたというのか。未だに苦しんでいる人もいるかもしれない。それが元ヤンキー、その仲間。絆。そんなのは美談でもなんでも無い、と思っていた。

今の世の中のマナー、モラルは全て現社会のバイアスであり、法律は社会秩序を保つため。
しかし、それらを犯して、弱者を苦しめても上記の芸能人のようにチヤホヤされる人達もいて、またおかしな事に、ヤンキー、悪、がかっこいい、という風潮さえある。だから若い女性を掴むためにLDHは所属タレントにヤンキー役をやらせている。

例えば海外映画などは粋がっている悪は最後には痛い思いをする事が多くなっている。それは主演のラッパーが実際に射殺されたりして、悪をカッコよく描く事による社会の影響を制作側がしっかり責任として考えているからだ。

日本の女性はそんな事は関係無い、考えない、という事なのだろう。そんな人達に向けて商売をする人達に社会の責任を追わせるのもおかしい。だって、その社会こと、カッコいい悪をチヤホヤする人達なのだから。

 

であれば、作品内でのあのような所業の人達を許すのが筋という事になる。目の前で苦しむ弱者を救った事がある人はどれだけいるだろうか。マジョリティーがそういった人達なら社会にいじめなどなくなるはずなのだ。しかし、未だにそれらがなくならないということは。

 

業の深さは所業として行う人達だけじゃない。それらを見過ごしたり、見てみないふりをしている人達、そして悪をかっこいいとしている社会全体の責任だと思う。

 

ま、アニメでここまで考える必要はないのかな。

欅坂46襲撃に見る、日本のテロの形

以前、孤独な若者、中年達が今後も事件を起こすだろうというエントリーをした。それは彼らは肉体的なパワーが残っているから大事件を起こす事が出来るからだ。そしてそれらは今までは破滅型だった。この世から消えたい、つまり、

死刑になってもいい(なりたい)。でもその前に大きな事をしたい

というのがあった。根底には自己否定と自己愛の間で、自分を社会から消し去る事を選んだ感じだ。しかし、AKB襲撃ぐらいから変わってきたのが、孤独な20代の強行だ。今なぜ20代がこのような愚行を犯すようになってきているだろうか。そこに日本の闇があると感じざる負えない。

 

というのも、孤独が人を追い込み、おかしくする、という事はこのブログでは何度も言ってきた。そして、人を孤独にするのは社会である事も言ってきた。その中で今の20代の未来とはどうだろうか。中年は完全に見捨てられた。なので恨む相手がいない。あえていえば社会だが、それはネットで悪口を書けばある程度解消されるし、相手も民主党、左翼、創価学会など受け口も沢山ある。そしてそんなニュースだけが会話相手の彼らにとって大事なストッパーとして自分への決めつけがある。もう中年だし、自分には何もないし。変な所で達観視している為、自ら努力もせず、見ようともしない。変化を起こせない牙を抜かれた存在。これが日本の大衆中年だ。なので大きな破滅型事件をおこしにくい。

若い世代は逆だ。人間は若いだけでも才能、と美輪明宏が言った通り、それだけで可能性があるのだが、本来救うべきマーケットの大きい中年を見捨てて、自分たちの価値を向上させようとするマスメディアで活躍中のジャーナリスト、評論家気取りは若い人をサポートします、的な運動をする。自分自信が若いので、支持層を増やして、それがイコール「若い人に支持がある、理解のある自分」という商品価値を生み、老人が多いマスメディアの既得権益層の同じ職業の人達そ差別化出来るし、何よりもそうした人達は公共の仕事を受けやすい。それがハクとなり、更に仕事が増える。

なので、彼らは何かに頑張っている若者、または極端にわかりやすい若者(日本語が喋れない外国人の子供)を救う活動的な事をサポートする傾向がある。そうなると完全に見捨てられた中年層と違って、区別が生まれる。つまり、普通に自分が底辺層と考えている若者はあからさまに同年代の中で必要の無い見捨てられた感が生まれてしまうのだ。

彼らはまだ若い。視野が狭いのも当たり前だ。クソ中年と違って、勉強する意欲だってあるかもしれないし、モノを見ようとする意思もあるかもしれない。ただ、彼らはそのやり方がわからないのだ。それは環境だったり、色々な要因があるだろう。立ち上がりたくても立ち上がり方がわかない。そんな中、恵まれた若者=名のしれた大学でNPO活動をしたりして仲間がいるにも関わらず、マスメディアで活躍する人がサポートする、社会的弱者的な扱いで公的、私的サポートがある人も同様だ。そんな中、何をしていいかわからない、区別されてしまった自分は益々孤独になっていく。

そして、自己は肥大していく。いや、肥大というかそもそも自己が拡大していく年齢なのだ。そのサポートは誰もしてくれない。会社も社会も、私的に得がないから若いジャーナリスト達も動かない。では力が余った彼らはその力をどこに向けるだろうか。

自分は何か出来る。出来るはずだ。そりゃそうだ。年齢関係無く人は努力をする事である程度の事は出来るが、それは若い程有利なのだから。しかし差別的に見捨てられた彼らはやはり自分認めて欲しい、見て欲しいという認知欲求もあり、その中で徐々に自己顕示欲が肥大する。孤独の裏返しだ。

その結果、AKBや欅坂の握手会で凶行を犯そうとする。彼らはその前に何度か握手会に参加している。その時に自分が少ない金をつぎ込んだ推しのアイドルが自分にそこまで興味が無い事を心が繊細なだけに感じてしまっているのだ。金を持っている中年ファンは何十枚も握手券を持ってローテーションをするのでアイドルから覚えてもらっている。しかし、彼らはそこまでの金は無い。心の支えであり、数少ない、唯一とも言える自分に優しくしてくれる美しい異性、アイドルも実は金であり、自分はそこでも価値が無い、と社会と同じ区別を感じてしまう。以前の中年達が自分たちを見捨てた社会を恨むのと違って、沢山現実的にも逃げ道がある若者だからこそ起こり得る犯行とも言える。点での接点が切れた時に、その対象が社会なのか点の対象なのか。そこが若者と中年の違いであり、自分で自分を見捨てた中年=自己破滅型犯行と、まだ自分を完全に見捨てていない、自己顕示欲型犯行の若者、といった感じだ。

 

今後もこういった事件は起きるだろう。雇用が上向き、といってもそれは底辺層の賃金の安い人達の雇用ばかりというのも賃金が安い中で物価が上がり、エンゲル係数が上がっている事実もスマホでネットを駆使する若者は既に知ってしまっていて、中年以上を心象操作をしてきたマスメディアを端から信じていないのだから。

 

テロの定義は色々あると思うが、自らの信念に基いて、社会に衝撃を起こす。それによって自分に社会的、金銭的得が無いにも関わらず。そういう点ではこれらは日本版テロだと思う。

こうした人達、底辺層の若年層から中年までをまとめるカリスマが現れたら日本は大変な事になるんだろうなぁ。

 

 

日本のアイドルの結婚宣言の問題とAKBグループ

須藤凛々花がAKBグループ総選挙にて結婚宣言をして、そについての賛否があった。気になるのは、「日本のアイドル」という文化を一切考えない上から目線の人格論だ。その多くは

「結婚自体を素晴らしい事だし、ファンなら応援すべきだ」

「結婚という素晴らしい事を素直に喜べないのは相手の人格を認めない事だ」

等である。

結婚自体が素晴らしい事なのか、祝福すべき事なのか、は個人の価値観だと思うが、そこは置いておいて、否定側を人格否定論やロリコン文化と一緒にするのはあまりにも暴力的であり、そもそもアイドルとヲタという関係性をわかっていないと言わざる負えない。

アメリカにはベッキー・Gやセレーナ・ゴメスのような存在がアイドルであろう。もちろん、ファンは彼女達の恋愛事情も含めて応援している。それを日本のアイドルは根本的に違う。その違いをわざわざ論じる必要はないだろう。であれば、そのファンも違うわけだし、そうなればマーケティングもビジネスモデルという話のよりも根底に、ファンとの関係性が違ってくるのだ。

それを考慮すると、まったく違った意見になる。それが多様性を理解する力であり、違った立場の人達の考えをその人の身になって考える、という事だ。

ある意味、上から目線の人、自分が見ている景色が上等であると思って庶民を見下している人ホイホイになったなぁ、と思う。

 

まあ、別にいいんだけど。

 

 

痴漢冤罪が問題なのではない。痴漢が問題なのだ。そしてそれは防ぐ事が出来る、という話

何かと問題になる痴漢冤罪問題。正直、私にはなぜそのような事が問題になるのか、がわからない。なぜなら、普通に電車に乗っている限り冤罪をふっかけられるような事が起きないからだ。

例えば、スマホをいじる事も出来ない体も動かせない超満員電車状態という時もある。その時にカバンを持っている手が側にいる女性のお尻に触れる状態としよう。その時に万力の力で手を不自然な状態ではあるがどかす事が出来る。そしてそうした行為を女性はしっかり感じている。この人は痴漢ではない、と。これは一つの例だが、たまに文句的におっさんのツイートで

「ハゲのおっさんだったら許せないが若くてかわいい女性に寄っかかられてそのままにしている」

的な事がある。そうした痴漢ではないが、若くてかわいい女性(男性)に合法的に触れている状態を楽しむような気持ちをまずは全員無くしている事が前提でないと、痴漢を防ぐ事など出来ないのだ。

私が満員電車で通っていた頃、もちろん私は男女とも寄っかかられるのは嫌だし、多くの痴漢から女性を救ってきた。当時も今も「この人痴漢です!」としても会社を遅刻出来るわけではないので、私のやり方は痴漢にあっている事を目視した後に、痴漢と女性の間に無理矢理わけいって話したり、それが出来ないぐらいの状態だと痴漢とその手を交互にじっと眺めるだけで防ぐ事が出来た。そうした行為をしているうちに、どういった女性が痴漢にあって、どういった人が痴漢をするか、が大体わかるようになった。先に述べた超満員電車なら手が見えないからどうしようもないが、大体の痴漢は満員電車程度で行為をする。満員電車とはすべての場所で満員なのではなく、比較的空いている場所もあったりする。そこから調査は十分に出来る。

つまり、私のように「困っている人がいるかもしれない。だったら自分に出来る事をしよう」と乗客の多くが思えば、痴漢自体がかなりやり難くなるはずなのだ。それが他人などどうでもいいどころか、可愛い子と接触するならハプニングでも嬉しい、などと平気でツイートするおっさんがいる限り、痴漢を封じ込める事など出来ないのだ。

社会をどうしたいのか。選択はその社会に生きる日本人が責任をもって決めなければならない。自分の私欲を優先している場合ではない程、痴漢問題は大きくなっている事を逃亡の末死亡という事がおきてしまっても無視して電車内の秩序を保とう、保ちたいと思わない人達がまだ多いのだとしたら。

それこそ、いじめを知っていても見ないふりをしている傍観者と同じ。痴漢と同罪だ。恥を知るべきだ。

 

まあ、無理か。タバコを全面禁煙にしても客足が減るという数値データがないのに、未だに煙を吸わされる弱者よりも吸う権利を主張する人達の方が権力を持っている国だもんなぁ。民族性って怖い。

 

小池百合子都知事は決められない政治家なのか?

マスメディアではそんなイメージをガンガン打ち出しているのが気になって。

そもそも、豊洲移転の件ついて、

「経緯も含めてしっかりした資料だせや。でないと承認でけへんわ!」

っていう事を決めましたよね?それがトップ。そして彼女は情報を公開してしまう。なので、事務方、関与した政治家達はあせるわけです。小さな市町村の年間予算に匹敵、超えるぐらいのビックマネーが動くビジネスなわけです。様々な利権が絡んで、それで儲かる人達(税金を無駄食い)が沢山集まってできたプロジェクト。妥当性もひったくれもないわけです。そこでいきなり「私が承認できる資料だせや」と言われたわけです。それが未だに出てこないわけで。それは小池百合子都知事の問題ではなく、潤沢な都税マネーを蝕む事が目的で出来た無理矢理な資料に正確なエビデンスなどあるわけないですから。そんな事小池百合子都知事もわかっているわけです。じゃ、なぜわざわざ?という所に政局があって、ここは素人がわからない魑魅魍魎が跋扈する世界。そこは置いておいて。

とりあえず、トップがする事をただ淡々と小池百合子都知事はしているだけで。何も決めないどころか、むしろ政治家として号令を出しているわけで、決められないのは妥当な資料を出せないずさんな事務方、政治家の問題で。いや、ずさんというか無理そ事実が出ると困る、という感じか。

 

オリンピックの問題でも開催場所がそのままになった時に小池百合子都知事が「それで儲かる人達がいて。であれば、自分たちの金でやってください、という感じですが」と苦渋の決断をしたのが忘れられません。国際的に後ろのケツが決まっている案件だったので、ここにメスを入れて魑魅魍魎を引きずり出す時間がなく、森喜朗などに負けてしまった。でもスケジュール的に決断しなくてはならなかった。なので決断した。決めてますな。トップとして。

 

マスメディアがすべき事は、「小池百合子都知事が承認、決断出来る明確な経緯を含めた資料が出てこず、未だに責任の所在が有耶無耶、科学的エビデンスも右往左往している状態が異常であり、ここにしっかりメスを入れて都税を貪り食う輩を引きずり出していきましょう!」であり、小池百合子都知事を叩く事ではないのだが。

 

まあ、いいけど。

 

いきなりステーキ を不味い、と書いたエントリーに何度も入る暴言コメントについて

イマイチわからんのですよ。食って人によって好みがある事は誰だって知っている事。

例えば、信者の多い「ラーメン二郎」。

臭くて不味い

という人だっている。その人に対して、二郎信者がわざわざ暴言を吐くような光景を見た事が無い。なぜならそれだけ嫌われる事も個性である、と信者達は知っているし、好きな人達が集うから人気のラーメン屋なのだから。

ちょっとラーメンだとわかりにくいか。では日常会話ではどうだろうか。

食べログで人気の◯◯っていう店、最高に美味かったよ」

「そう?私はあんまり好きじゃなかったなぁ。なんであんな高評価かわからない」

こういった会話こそがある意味食べ歩きをする人達の楽しみでもあるだろう。それぞぞれの評価を持ち合う、というコミュニケーション。これを

「味がわからないお前なんか◯◯」

的に言う人なんて見たことない。

 

自分の舌に絶対的な自信を持っている人なんてほぼいないから、芸能人格付けランキングみたいな番組が出来て、味だけで食材を当てる難しさ、というか多様性を示しているわけで。というか、食べログの評価とか含むネットの評価こそが多様性であって、どれだけ評価の絶対値が高かろうが、それを不味い、と思う人がいるのが当たり前であり、正常な事は人間社会で生きていれば当たり前の事。それをわざわざ自分が美味しい、と思うモノに共感しない人に暴言を吐くほどの行動をする人が本当にいるのだろうか?松屋すき家吉野家の牛丼を初めて食べたけど不味くて二度と入らない、というエントリーを書いた人にわざわざ悪口を書く人がいるかどうか、という事もミラーリングして思考してみた。

 

考えられる事は2つ。

まず、ラーメン二郎の例にあるように、店が大好きな信者という事は考えにくい。好きであればあるほで、賛否があるのがわかるというもの。そのクセ、それこそが信者を支えるのだから。であれば、そこまで信念があるわけでもなく、ただ検索ワードに打った時に予測で出てくる「不味い」で検索し、ひっかかったブログに読みもしないで悪口を打つパターン。これはネットでは一番考えられる。本人にとっては憂さ晴らしなのだろう。まあ、そういう人はどこにでもいる。

もう一つ考えられるのがネット評判対策の会社から委託されているアルバイトの人達。日々悪評を潰すべく、一件◯円で攻撃する。まあ、こんな弱小ブログにはこないと思うけど。

 

まあ、もう面倒だから見ないし答えないからいいのだけれど。まあ、人を見下す事で心がす~っとする事がある心理は理解出来ないわけじゃないしね。

もっと人格を鍛えていきたいなぁ、と思うわけです。

そんな簡単に行かないのが生きる事だったりするわけだけど。