底辺の見方、上からの見方

日本社会の底辺層のモノの見方、ちょっと上の層のモノの見方のお勉強

安田純平さんへのバッシングの根深さについて

私はバカなコメント等は見ない事にしているので、そもそも彼がバッシングを受けている事を知らなかった。自己責任論とか色々あるらしい。まあ、これはいつもの事。ただ、そのようなバッシングをする人達の発想の根深さに気づいた出来事があった。

それは「ワイドナショー」というCX系の番組内での事。言葉はうろ覚えなので、覚えている限り。

長嶋一茂氏「ジャーナリストって言うけどさ、それが日本国民にとって何の役に立つかピンとこないんだよ、我々には」

堀潤氏「例えば、安保の時にもあったのですが、シリアで戦争があったら石油の値段が上がって結局日本国民の生活が大変になって。だから戦争に加担するような事になったら、巡り巡って日本国民にダメージが来る事に・・・」

長嶋一茂氏「いや、だからさ、わかるよ、子供がなくなったり、ひどい事があったり。可愛そうだなぁ、とは思うけど、直接日本になんかあるのかわからないじゃん」

ここで、同じゲストの千秋氏が流れを変えようとする。

千秋氏「でもさ。知りたいと思わない?遠い国で何が起きているか、とか」

長嶋一茂氏「思わない。関係無いもの(だったかな?)」

 

この一連はまさに社会の構築を考えない、考えようともしない今の日本の国民性を良く表しているなぁ、と思った。ドラマにもなった「乱反射」は、このブログでも何度か言っている、「自分と家族、仲間に直接関係無い事には無頓着」な人間の「点」の悪意、悪行、反社会的行動が巡り巡って最大の不幸を受けてしまう人間を描いている。難しいのは、その「点」で反社会的行動をする人達は日本社会では普通の人達だ、という事。近所にも見かける人達はいると思う。大通りではタバコを吸わないくせに、裏道に入った途端に吸うスーツのサラリーマン。駅の近所のスーパーの駐輪場に子供共々自転車を止めてそのまま電車で出かけるお母さん。細かく言ったらキリがないほど、平気で社会のマナー、ルールを破る人達はごく一般的に見る事が出来る。その人達は多分、「乱反射」を見ても「ひどい事する人達がいるもんだねぇ」となって、自分たちがしている反社会的行動に責任があることなど微塵も想像できない、いやしないだろう。

 

見たい事だけ見る。信じたい事だけ信じる。

 

これが徹底しているこの多くの日本人達からすれば、ジャーナリストとテレビやツイッターをまとめている記者の違いなどどうでもよく、むしろテレビをまとめてくれているネットニュースの方が有意義に感じているかもしれない。

遠い国の出来事。自分たちに関係無い事。この長嶋一茂氏の意見は戦場ジャーナリストとマスメディアの関係とか、何がジャーナリストなのか、とか、そういう事以前に、日本社会が今陥っている根底の問題に気付かされた。理論的とか論理的に、とか関係無く、そもそも自分家族仲間に直接関係無い事は想像力が働かないのだから。

 

なぜこんな社会になったのだろうか。一つは教育になる。怒られるからやらない。殴られるからやらない。そういった教育を受けてきた人はなんでその行為が駄目なのか、ということを学ばずに大人になってしまっている。なので、罰則が無いマナー、ルール系はガンガン破る。自分が得になるのであれば。ただ不思議なのは私も含め、そういった教育を受けてきた人達でもしっかり社会の構成員としての意識がある人達も少ないがちゃんといる、という事。ただ少ないのが問題で、そういう人達は無償ボランティアとか「いい人」として搾取される側になる事も多い。

この社会風土は根深い。実は第2次大戦中の日本でも戦争に無関心だった日本人が多かった事がわかっている。配給が減ってきつくなってきたねぇ、ぐらいで、太平洋の先で起きている事、程度に思っていたらしい。そこをいいように国に使われてしまった。

では、安田純平さんへの非論理的なバッシングが一般的だとしたら、今も第2次大戦中と同じように、日本国民は国にいいように使われてしまう土壌がある、という事だ。

そうならないためにも、自分で考え、社会の構成員として、短期的な損得以外に、広く社会、世界を考えないとならないのだが・・・。

まあ、無理か。

渋谷ハロウィンについて

ハロウィンの意義とか内容とか。そんなのどうでもいい。日本ではレイヤーではない、一般人が参加出来るライトなコスプレイベントして浸透したわけなので。

問題はお祭り騒ぎによる弊害だ。大雑把に言えば治安やマナー問題。果たして今後どうすればいいのか。

そもそもお祭りとは日本の歴史を見ても危ない(治安の悪い)ものなのだ。昔の時代劇などでは、お祭りの日に夜道を歩いている町娘がレイプされそうになるのを主人公が助ける、というシーンは結構あったものだ。現在でも世界のお祭りではメインストリート以外の路地裏には入ってはならない、というのは常識だ。

ただ、ここは日本。リオのカーニバルのような治安の悪さには本来なるはずがない。では、目指すレベルはどこにするか。川崎のハロウィンパーティーレベル(一見マナーを守っているように見えるが、一歩脇道に入るとタバコを吸ってポイ捨てしている人が多くいる、というレベル)以上には渋谷という若者が多く集まりやすい場所では目指したい。というのも、たむろしてタバコをポイ捨てするのは中年以上が圧倒的に多いからだ。そのマナーのレベルを越えたい。

対策1:暴徒化問題

公式化して、イベントとしてスケジュールを立てる。現在の渋ハロは自然発生的に人が集まってしまっている為、誰も仕切る人がいない中、当然起きる無秩序、集団心理だ。4年前たまたま週末が31日だった時、渋ハロにはスポンサーがついて渋谷全体(クラブ含め)でハロウィンイベントをやった。その時は今年のような輩はすくなかった。なので、毎年31日はスポンサーを付けて公式イベントとして決まった時間に行う事で、暴徒化を防ぐ

対策2:暴徒化、マナー違反問題

期間中、路上飲酒禁止。もちろん、罰則を設けないと日本人は従わないので、一定期間、渋谷エリアの路上飲酒を禁止にして見回りのガードマンも雇う。酒を飲みたい人はお店に入らざるおえないわけなので、予算は渋谷の飲食店、区から捻出。

対策3:ゴミ問題

これは花火やキャンプ上等、人が集まれば捨てる人が絶対にいるわけで、渋ハロの問題ではない。ゴミ箱&ボランティア清掃を徹底するしかない

対策4:痴漢問題

これも、人が集まれば必ずいるので、痴漢を発見しだい、回りの人も協力して捕まえる、という雰囲気つくり(女性は断固拒否、笑顔でへらへらしない、周辺男性は発見次第捕まえる)という事を徹底すべく、事前に痴漢防止、発見、確保イベントをやってもいいかもしれない。

 

せっかく日本独自に発展してきたイベントだ。公式化して、外国人を多く呼べるイベントとして定着してもらいたい。渋谷区はそのための予算確保に動くべきだ。

 

公式化アイデア

腐ったりんご理論より、腐ったりんごに人が集まらないようにする必要がある。

 

暴れるたり、マナー違反をする輩系は目立ちたいわけなので、騒ぐ。それに便乗して発散したい人達が集まってしまう。なので、その腐ったりんごを孤立化させるのが大事であり、健全なイベントのキモでもある。

1:ハロウィンとしてのイベント性を取り入れる

子供も参加出来るような内容の、「トリック・オア・トリート」券の販売。参加各店で飲食、お菓子と引き換えが出来るようにする。子供が多く参加出来る雰囲気を作る。

2:インスタ映えエリアの設置

各エリアにコスプレ写真が取りやすいような場所の設置

3:マナー啓発イベントの実施

ゴミ捨て、痴漢、その他マナー違反。回りの目でそれらを防げるような回遊型イベントの実施。取り締まる方もコスプレをするなど、行政の介入はできるだけ防いだほうが荒れにくい。いつの世も行政(権力)が介入すると暴れる人が増えるものだ。なので、横の繋がりを作る

4:渋ハロ後援隊を作る

マナーを守って楽しむ人達にはその誓約と共に参加出来るSNSがあり、そのパスがある事で渋谷で遊ぶ時になにかしらのメリットが享受できるようにする。そのSNSアカウントにはポイントが付与でき、記念撮影やハロチケ回遊券の使用、ボランティア清掃などでもポイントが付き、横のつながりの強化によるマナー向上の雰囲気を作る。広告塔の芸能人はスポンサーにて。

書きながら考えただけでもこれだけのアイデアフラッシュ。出来る事からやって、自然発生の都市型お祭りイベントを金にして盛り上げるようにしてもらいたいものだ。

 

生活保護費の使い方の個人差って

たまたまYou Tubeのオススメに橋下徹氏が政治家時代に、生活保護費受給者が質問をしているシーンが出てきたので見てみた。

堺市に住んでいるのだが、病院まで毎月6千円ちょっと交通費がかかるのに、それがカットされた。月に10万円の生活保護費だとやっていけない。服も買えない」

という主張だった。

ん?私、東京の高級住宅地と言ってもいい場所に住んでいるけど、その金額よりも全然少ない金額で暮らせているんですけど。もちろん、自分の稼ぎで。服もユニクロやGUなら買えるし、酒やたばこはやらないけどクラブにも行ける。

いったいどんな使い方をすれば10万円の生活保護費だと足りない、となるのだろうか。医療費がタダだし、住民税も国保費も無いのに。

もちろん、私は医療費がかかるので、逆に病院に行かないよう、食事には気を使って基本自炊。光熱費は記録して最低を維持出来る努力をしているし、格安SIMで通信費も使わない。

生活保護費はもらった人間が自由に使っていい額だ。パチンコもタバコも自由。ただ、それが足らないというだけでなく、行政に文句を言うような状態、言う事が問題なのではなく、ストレスフルな生活になるのは「健康で文化的な最低限度の生活」では無いのでは、と思う。その解決は単純に金額を上げる、ではなくて使い方を指南して上げるべきだと思う。

太っている人に、「食べ過ぎだ。食費を減らせ」と言っても意味があまり無いように思える。それよりも、ダイエットをして健康的な身体を手に入れれば、医療費も食費も削減出来る。そして、健康に興味を持つと酒やタバコも自粛、もしくはやめる事になるかもしれない。

まあ、そんな都合のいい事はほぼ無いと思うが、生活保護を受給する人には家族がいるのに賃金が足りない、訳あって働く事が出来ない、という節約してもギリ、という人がいる中、特に仕事をして養う存在がいない人で生活保護費が足りない、という人に、ただ金を振り込むだけ、というのは無責任が気がする。

生活保護費でやりくりし、前向きな生活をおくれるようになる為のトレーナーのような存在やコミュニティーがあると違ったりするのだろうか。

 

いや、それも駄目な気がする。

じゃ、どうしたらいいんだろうか。私が知っている生活保護受給者は仕事でコケて家庭でもコケて。もう初老で仕事も見つからず。酒は止められない人がいた。その人に酒をやめろ、なんて言えないし、コンビニで酒買って家で飲むよりも遥かに割高だが、お店で飲む方が精神衛生上いいのでは、とも思えた。

ぬぬ。こうなると生活保護費の問題ではなく、なぜ一度社会からドロップアウトした人間は社会に戻る事が出来ないのか、という問題にぶち当たる。日本ほど他人に不寛容かつ、他人を本質的に無視する先進国は無いのではないだろうか、という問題に。

 

やはり簡単に解決する問題ではないな。生活保護費。難しい。

中学聖日記

このブログでは何度も対象にしているが。

日本では教師の未成年へのわいせつ行為事件が後を絶たない。年間200件以上の処罰対象の教師がいる、という事は潜在事件(表面化しない)を含めると、私がざっと見積もっただけでも都内の公立中学に一人は必ずそういった教師がいる事になる。これは携帯すらポケベルもなかった私の中高時代でもそうだったので、この比率が下がる事は無いと思われる。

そんな中、社会と形成する大人達は自分たちの社会をどうするか選ばないとならない。教師は子供が始めて密接に触れる大人なので、親と比較するので立場上好意を抱きやすい(もちろん、その逆もあるが)。逆にSNSが普及している事でワイセツ行為目的の教師は手を出しやすい。そういった背景の中、どうしたら子供達を守る事が出来るか。

ある程度固まった信念の元に自己判断が出来ないから未成年であり、だから選挙権が無い。そうした未成年を守る為に法律(なぜか条例レベルだが)ができ、淫行条例がある。つまり、教師という立場を利用して生徒に手を出す事は児童虐待と実際は同等なのだ。

ただ、教師と生徒、という恋愛関係を創作するな、というのはまた違う。表現の自由はあるので、漫画であろうが小説であろうが。アダルト動画であろうがそういった作品はあり、その嗜好の人は購入するだろう。問題があれば18禁にすればいいだけの話で、各個人の嗜好まで止める事は無い。その欲望を抑える事が出来るのであれば、そういった嗜好の人が教師になる事もあるだろう。

ただ、そういった題材(好意的にワイセツ行為を描く)を地上波で幅広い人達に放送するのは問題が別。見なければいい、という話は視聴者側の能動的な行為であり、それはその他創作物と同じで、小説やアダルト動画と同列に地上波テレビを扱うのはどう考えても影響力が違う。例えれば、電車で痴漢された女性がその痴漢に恋をする、というのを好意的に(痴漢されるOL役が有村架純、女子高校生役が広瀬すず、とか)描くのと同等だ。

考えないとならないのは、少なくとも年間200人以上の被害生徒(男女含む)がいる、という事だ。自分が身体だけで弄ばれた事を全員がいい思い出、となっているわけがない。人によってはPTSDで苦しんだり、人によっては自分の存在価値が身体だけ、と自己評価が下がり、お金に苦しんでいなくても風俗に身を投じたり。そうした子供達がいる、という事だ。その子供たちはこういった、教師と生徒の恋愛を純愛のように描いたドラマを人気俳優が演じ、それを称賛するようなネットPR記事を見た時にどう思うだろうか。「私があの時我慢すればよかったのだろうか」と世間から自分が取り残されたように思わないだろうか。また、現在、ワイセツ教師からまさにオンタイムで行為を受けている生徒は「これはあのドラマのように、純愛だよね」と自分を納得させる事にならないだろうか。

大人の判断と子供の判断を同列にするのではなく、自分が中学生の時を思い出して、その時の判断力、見識を考えて子供を社会で守る事。それは日本という国を構成する日本人としては当たり前の事だと思うのだが。

 

それでも、自分の欲望、性癖を優先して地上波や映画で教師と生徒の恋愛を描きたいのであれば。描き続ければいい。その時はいつか自分の子供、知り合いの子供が被害にあう事をしっかり想像して。

 

ゲームショウの女性コンパニオンは日本やアジア中国などのアジア圏だけになっている

オタク=大多数が男性、によって出来た、女性キャラと言えば、幼女、妹、巨乳、ウエストが細く、足長とか、色々ある世界観にスマホゲームや漫画によって今やファンの半分以上が女性というモノもあるぐらい、女性が進出した事によって、「ん?なんで女性って全部同じ扱いなの?」的な目線が生まれて、欧米では女性コンパニオンという文化は消えている。

これは当たり前の話で、男性だけで作られた世界に女性が交じる事で均衡が取れただけ。男性の欲望を具現化した世界は生存し続けるだろうが、それを大手ゲームメーカーが率先する必要は無い。ただ、アジア圏の先進国では未だ女性蔑視、女性は性のはけ口であり、男性よりも劣っている、という発想が強く残っており、その象徴が女性コンパニオンだ。

いやいや、これは文化だ、とか、やらしい目ではない、という人もいる。しかし、実際にレイヤーの撮影会を見れば、やらしい撮影をする人の数は決して少なくない。では、なぜ欧米の方が先に女性コンパニオンは女性蔑視だ、と消える事になったのだろう。

 

それは簡単。欧米の男性は自分たちの性を開放する事で快楽を得るからだ。これは欧米のアダルト動画を見た事ならわかると思うが、男性が達する時、「オーマイガ!」的に叫びながら口を開けている事が多い。これは開放=快楽の絶頂を意味している。この延長上が女性への接し方。普通の道であっても、夏に日本女性のような裸に近いセクシーな格好&ヒールなど履いていると、若者が「おいおい、やせてくれるのか~?」とからかってきたりする。だから渋谷にいる若い女性のようなかわいい格好は例えばフランスだと、男性から卑猥な言葉をかけられまくるので出来ないという。

しかし、アジア圏は逆。成人動画で男性がイク時は「う!」と目を閉じて唸る事が多い。一瞬苦痛なの?と思うような表情。これはアジア圏では抑え込む事によって快楽を得るからだ。

なので、女性コンパニオンを触ったり、卑猥な言葉をかけて男性目線の欲望を表に出す欧米の方が先にその問題点が表出化しやすく、廃止になる。アジア圏の男性は思っている事は同じなのに、それが表出させないので、それが問題視されにくいのだ。表面に出ていなければ表面ではいくらでも嘘が言える。別に卑猥な目で見ていない、これは文化だ、と。

確かに、日本では行動に出す人は欧米に比べて少ない。だからこそ、それを想像力という形で創作意欲として性欲を開放してきた部分もあるかもしれない。しかし、女性蔑視、女性を性欲で見ている事には変わりない。

 

表現の自由はある。だから、今までの通りの制作をしていても構わない。それはまた昔のオタク文化のように育ち、オタク文化は表と裏に別れていくのだろう。だが、未だに女性の性を商品としている女性コンパニオンをナショナル企業が大々的にバックアップする事はアジア圏を文化的にガラパゴス化させる行為だ。

 

ちなみに、私は綺麗であれば女性も男性も好きなので、コンパニオンは男性と女性がペアでいるべきだと思っている方である。女性がいないと寂しい、とかではなく、2次元の世界の3次元化にワクワクするからである。

 

ある一定の恵まれた層が考える悲しさとは。ある劇団の旗揚げ公演

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。

アニメがヒットした時期があった。実写にもなり、ドラマでは今昇り龍の浜辺美波が中心キャラの「めんま」を演じた。感動した、名作だ、という声を聞き、両方ともチェックしたが私にはそんなに響く事は無かった。当時はなぜ感動しなかったか、の理由を確か

萌え要素の気持ち悪さ

・いくら好きな人とはいえ、まだ未熟な小学生の頃の出来事をひきずるのはおかしい

と思ったからだ。

本来の作品的にはそれはきっかけであり、ある意味それを逃避先として現実の辛さから逃げている、という事なのだろうとは思うのだが、実際の描写は本当にそれが原因のようにしか思えない描写であり、小学生から中学生になるとガラッと世界が広がり、それは学年が上がるほどに恐ろしい勢いで成長していく、という現実を考えるとあまりにも不可思議だった。

 

なぜこの話をするか、というと表題の少劇のオチがかなり似ていたからだ。ていか、インスパイア作品とも言える。ただ、違うのは小学校の転校生(死んでいない)を振り返る人達が全員30代という設定。これがまったく面白くない。

 

そもそも、劇というのは2つあると思っている。いわゆる、ただの劇。演者が楽しんでいるだけのマスターベーション。そしてわざわざ劇で描きたい、というだけの主張がある場合だ。もちろん、後者こそが私が金を出して見に行く価値のある「劇」だと思っている。そうした劇は説教くさくならないように、多くは表現にギャグを入れていわゆる、笑いあり、涙あり、のギャップで泣かせるモノがおおい。そして実際にブワッと劇中に涙が溢れ、終劇後なかなか席を立てない事もある。

 

表題の劇もギャグはしっかり入っていた。しかし、30代の人達の「あの花」ごっこに誰が共感してホロリとするのだろうか。しかしも、その30代の約10数人ほどがそれを引っ張っている(再度言うが、たかが級友の引っ越しだ)事による、現代の問題が一切描かれていない。なので、その劇を見た人達の感想のつぶやきを見ると

・笑った!面白かった!

・演者の人達の勢いが良かった!

ほぼこれだけだ。笑いたければお笑いライブを見に行った方がもっと笑える。演者を褒める事よりも、その演者によって何が表現されたのか、が大事なはず。その演者達によって何が表現したかったのか、がまったく感じなかったのだ。

 

ここで私はふっとわかった事があった。「あの花」で私が感じた違和感がやっとわかったのだ。それは、過去を振り返ってなんとかしたい、というその過去がある事自体が恵まれた人達の悩みである、という事なのだ。「あの花」は死という問題もあるが、それ以上にそこまで仲いい仲間のグループを持っていた、という事が既にリア充なのだ。

劇は更にひどい。30代になって小学生の頃の問題を解決したい、というのは自分たちの思い出を完璧なものにしたい、という傲慢でしかない。それは、現代で仲間、恋人、家族などがいて恵まれている人の発想だ。つまり、こんな事を感じる人達は「孤独」ではない、という事だ。

 

人間にとって病気よりも辛い事。それは望まない孤独であり孤立。これは全世界共通であり、結局どの物語もそこに尽きるという部分もある。だからこそ、誰もがそこを起点にして共感し、感動する。それは人間誰しもが自分が完全に理解される事はない孤独の世界に生きている証拠でもある。しかし、劇団の人達はそういった苦しさ、辛さはなく、自分たちが恵まれている環境にいる上で、「何かホロっとさせるオチ、ないかね?」と考えたのだろうなぁ、と思ってしまうような薄い内容。そんなもの、わざわざ劇で描く必要無い。いや、もしかしたらだからこそ、劇で描くのかもしれない。マスターベーションとして。まだ見ている世界が狭い中学生、高校生の劇みたいだ。

 

自ら孤独になる事もあるだろう。しかし、決して孤立する事はない人達が考える感動など、こうしたレベルの薄っぺらいモノなのか、と実際に喪失を体験して孤立してからずっと社会の底辺にいる私には更に自分が精神的にも孤立している事を感じる夜になった。

 

ドラマ「乱反射」から、再度考える事

小さな悪意やモラルの無さが社会全体を変えていく。

これはこのブログでも何度も主張してきた事だが、それに近い内容がドラマ、しかも地上波(もちろん原作があるのだが)で流れた事にびっくりした。なぜなら、私が見ている社会はこの通りであり、また、このドラマを見た問題意識のない人達は多分、「出ている人間、みんなクズだなぁ」と社会への当事者意識が無い事が多いからだ。つまり、ほぼ地上波では意味が無いと思われる内容だ。

 

今まで思ってきたのは、

・一人ひとりが社会に対する意識、それは目の前「個」の他人を尊重する事からスタートする。その意識の集合体が社会だ

という事だった。しかし、その意識が最近揺らいできている。そんな事無駄ではないか?大きな流れこそが社会であり、それはこのドラマのように、小さな悪意、モラル違反、マナー違反等の負のエネルギーの側面から逃れる事は出来ない、いや、それらが大きくなっているからこそ、格差が広がっていて、幸せな人と不幸な人の差が大きくなっているのだはないか。そして、不幸な人達はもう這い上がる事は出来ず、幸せな人達がより幸福になる為に社会は動き、どんどん不幸な人達が増えているのではないか。それが現実社会なのではないか。そう悟りつつあるのだ。

 

個人でできる事などたかがしれている。私が底辺にいる限り何も出来ないし、何の影響力もない。でれば、社会や他人など無視して好きかって生きている方がいいのではないだろうか。底辺ができる小さな悪意などたかが知れている。

・幼児がいようがいまいが、関係無く私有地、公園でタバコを吸う

・自転車で片手で傘をさす

・自動車で右左折の際、歩行者、自転車が若者で反応力がある場合、無視して優先してまがる

・ゴミを道に捨てる

・犬の糞を片付けない、リーシュコードをはずす

・粗大ゴミは路上に放置する

・自転車に乗ってその後電車に乗る場合、駅前のスーパーの駐輪所に長時間止める

こんな所だろう。もちろん、すべて私はする事が出来ない。ルールが云々ではない。そうした事を平気でする人間が一人でも増える事にる社会の変化に対する責任が取れないからだ。そう思っていた。

 

それも、一人よがりのバカな思想だったのかもしれない。

乱反射。不思議と善意はほぼ乱反射しない。ちょっと影響を受けて真似する人が出るくらい。

やはり、悪は強い。それが人間なのだろう。果たして私はどう生きるべきか。